INFORMATION
RIGID COLLAR
COOLING PARTS
ACCESSORY
商品情報はコチラ

BLOG
















 

管理用
ユーザー名:

パスワード:


PROUD Blog - 最新エントリー

a/tack Owners Day

カテゴリ : 
ニュース
執筆 : 
proud 2010-11-12 20:06

先日、a/tackさんのイベント「a/tack Owners Day」に行ってきました。
前日が台風の影響で暴風雨となり、開催も危ぶまれてましたが、そこは普段の行いの良いa/tackさんだけに台風もとっとと去っていき、イベントは無事開催できました。

当日、朝2時に起床し、プリウスに乗り込む。

睡眠不足にも関わらずクスリをキメたようなハイテンション状態で開催場所の大磯ロングビーチに向かいました。



当初、レッスンを受講する予定だったんですが、なぜかプリウスにしばらく乗らなくてはならなくなったため、参加を断念しお手伝いさせてもらうことに。

a/tackさんのご厚意でブースを用意していただいたので、Aragosta車高調とリジカラを展示させてもらいました。



ドライビングレッスンでは、スターターを務めさせてもらいました。

リジTを着たスターターでしたので、いろんな意味で結構目立ったんじゃないですかね。()

レッスンの講師には、GT300ドライバーの余郷選手、全日本ジムカーナドライバーの大槻選手、そして、このマシンに乗る御方も・・・



そうです。BMWCUP LSクラスのシリーズランキングトップの石崎選手も講師として参加してました。

レッスンに参加されたドライバー達は、元気良く走られていて、ホント楽しそうでした。

アクシデントも無かったし大成功となりました。
ブースに遊びに来られた方々には、Aragostaを売りこんでおいたので、a/tackさんからたくさんオーダー来るかな?。
()

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1752)

SEV5H耐久レース

カテゴリ : 
ニュース
執筆 : 
proud 2010-8-13 9:20

昨日は朝2時に起きて、筑波サーキットに向かいました。
毎年お盆に開催されるSEV5H耐久レースのお手伝いです。

この耐久レースは、タイムで2クラスに分かれるのですが、下のクラスは基準タイムがあってそのタイムより遅いタイムで周回しなくてはならないし、もちろん給油も必要で頭を使う耐久レースで凄く面白いのです。

筑波までの往路、眠い目を擦りながら走らせていると朝焼けが綺麗でしたね。

 

過去3回ほどドライバー並びにピットクルーで参加しているのですが、まだ優勝の経験がありません。 
今回は、下のクラスのGT-競ラスに参戦。光栄にもチーム監督を務めさせてもらうこととなり、悲願の優勝を狙います。

監督なので、作戦を練らなければなりません。
ドライバーチェンジタイミング並びにピットクルーの役割分担を決めたのですが、車両の燃費が分からず給油の回数が出てこない。これによって速いペースで走るのか、それとも燃費走行に徹するのか判断がつきません。

アンカーを務める大井プロとも相談し、速いペースで行くことに。

Zファイター山○選手が頑張ってくれて、予選はクラス1位です。

 

 スタート直後の1コーナーで数台がクラッシュ。我がチームのファーストドライバーはギリギリで交わす。そして、すぐセーフティカー。そのタイミングを使って即給油。中盤でもアクシデントによりセーフティカー導入。そのタイミングを見逃さず、絶妙のタイミングで給油。

各ドライバーはクラッシュに巻き込まれず、自分の役割を無難にこなしていきます。

順位は着々と上がっていき、残り1時間半の時点でクラストップになりました。
ピットでは歓喜の渦。なんとしてもこのままフィニッシュしなくてはなりません。

予想通りというか予定通りというか期待していたスコールにも物ともせずのアンカー大井プロが、最終周の最終コーナーでドリフト決めて無事チェッカーを受けました。
作戦大成功で、なんと総合2位、クラス優勝を収めることがことができました。


今回も大井プロには色々と教えてもらいました。
耐久レースは、その時その時の状況に即適応できることが必要で、セオリー通りじゃ勝てないことが良くわかりました。

 

久々のポディウムは気持ちよかったですね。
でも、大井プロに掛けられたシャンパンの匂いが・・・。

 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1598)

AGOオリジナルリジッドカラー

カテゴリ : 
ニュース
執筆 : 
proud 2010-6-19 11:55

今や、桃ラー状態になっているBMW-MINI用AGOオリジナルリジッドカラー

リジカラの愛称で、みんカラでも話題持ちきりですね。

本製品は、BMW MINIのショップとして有名なAG Ordinaryとホンダ車のチューニングで有名なSPOONが共同開発したテーパー角のアルミ製カラーで、ボディ剛性、操縦安定性、そして静粛性を向上させ、愛車のドライバビリティを激変させる製品です。

発売中のaf imp. 7月号でもいち早く新製品コーナーで紹介されてます。

次の入荷は、6月下旬を予定しております。
お待ちいただいているお客様には、大変申し訳なく、お詫び申し上げます。もう暫くお待ち願います。

現在、バックオーダーを抱えている状態ですので、またすぐに売り切れてしまう可能性があります。
早く装着されたいお客様は、
取り扱いショップ
にて予約していただくことをお勧めします。

リジットカラーは、体感できるパーツですので、是非ご検討ください。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2068)

三幸オートサービス

カテゴリ : 
ニュース
執筆 : 
proud 2010-3-10 8:55

先日、郡山にある三幸オートサービスさんにお邪魔してきました。
三幸オートサービスさんは、郡山でも有名なお店で、一般整備、板金、チューニング、ドリフト、そしてラジコンと幅広く展開しています。

今回は、板金場の方にお邪魔しました。



工場ではE36用のエアロパーツの製作が進んでました。
フロントバンパーとサイドステップがある程度形になってきてます。国産車のドリ車に良くあるゴテゴテしさもなく、それでいて存在感のあるエアロになりそうで、リリースが待ち遠しいです。




ARIOSブランドで、Aragostaベースのオリジナル車高調もリリースしてますので、足回りに拘りたい方にはお勧めです。


それから、お店の前にはドリフトコースが作られてました。
ラジコン用のですけど。
初めてラジコンを操作しましたが、このドリフトラジコンは凄く面白いですね〜。
見た目も動きも実車に近いし、これはハマりますね。
それに実車と同じでセッテイングも奥深いです。
10分ほど借りて動かしてたら、アクセルコントロールする左指が攣りそうになりました。


そして、今回
のメインはコレです。
ARIOSブランドのフロントリップスポイラー装着です。同色ではなく敢えてウエットカーボン製を装着してもらいました。クリアを厚く吹いてあるので奥行きのある光沢感が絶妙です。 
イイ顔付きになって、とても満足です。

街乗りは、スポイラーを擦らないように細心の注意を払わなければ。。。

三幸オートサービスさんありがとうございました。
次回は泊りで行きますので、またラジコン貸して下さいね。


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2263)

SYMBIOTECH HYBRID COOLANT

カテゴリ : 
ニュース
執筆 : 
proud 2010-2-16 23:10

発売中の「CARBOY 3月号」に螢吋潺謄奪からリリースされたSYMBIOTECH HYBRID COOLANTが紹介されています。
 

このハイブリッドクーラントは、先月にリリースされたばっかりの新製品で、ハイブリッドカーのエンジン稼働を効率良くさせるモノです。エンジンが効率良く稼働するということは、その結果燃費も良くなりますよね。
通常のLLCだと2年交換なので、車検の際にこのクーラントに交換するってのはいかがでしょう?
 


取材のお手伝いしたのですが、取材にいらしたライターの
武田架奈美さんは素敵な女性でした。。。

なんと読者プレゼントで、クーラントとエンジン添加剤のセットを3台分プレゼントです!
詳しくはCARBOY 3月号を購入ください。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1911)

ENDLESS

カテゴリ : 
ニュース
執筆 : 
proud 2010-2-14 16:31

先日、エンドレスへ行ってきました。
 
製品情報や近況等の情報交換の打ち合わせをしてきました。
昨年からサーキット向けのパッドであるサーキットコンパウンドも数多く展開しており、その新しいリーフレットも出来上がって、たくさん貰ってきました。

ENDLESSサーキットコンパウンドは、好みや走るステージによって選べるよう8種類のコンパウンドがラインナップされています。更にMX72、cc-Rg、そしてW003と定評あるコンパウンドもありますから、10種類以上から自分に合ったコンパウンドを選べます。また、輸入車向けにもありますので、是非お試しください。
自分に合ったコンパウンドを選ぶ参考として、エンドレスはコンパウンドの説明を細かく記載してくれてます。それでも悩んだらショップに相談することをお勧めします。

ENDLESSというとブレーキシステムのイメージが強いですが、実はサスペンションキットや油類もリリースしてます。エンドレスのミッションオイルは結構好評だったりします。

ちなみに、ブレーキフルードRF-650は、昨年のF1チャンピオンチーム「ブラウンGP」で実際に使用されていたフルードです。このフルードは、ブレーキタッチがカッチリして、また耐久性がありロングライフなので本当にお勧めです。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1819)

SYMBIOTECH HYBRID COOLANT

カテゴリ : 
ニュース
執筆 : 
proud 2010-1-22 11:37

今月15日にオートサロンにて、螢吋潺謄奪からリリースされたSYMBIOTECH HYBRID COOLANT
 
このSYMBIOTECH HYBRID COOLANTは、環境に優しいプロピレングリコールを主成分としたクーラントです。プロピレングリコールというと今流行りのレーシングクーラントですが、その成分の特性を活かしつつ、ハイブリッドカーに合わせて配合された新しいクーラントです。
普通、クーラントと言うと冷えれば良いとか凍らなければ良いとか安易に考えがちですが、エンジンが効率良く稼働する温度に安定させることが大事なんですよね。安定させることによってエンジンに負荷が掛らずエンジンに優しく、その結果燃費も良くなる、しかもロングサイクルで5年または50,000kmサイクルで交換というランニングコスト削減で良いコト尽くめのクーラントです。

リリースして早速、CARBOY誌の取材を受けました。
なんで、HYBRID用なのにチューニング雑誌のCARBOY誌が?と思われる方もいるかもしれませんが、CARBOY誌は早くからエコな記事の連載をしてるんです。
 
記事を担当されているのは、武田架奈美女史です。武田さんと言えば、数々のレースの参戦し、HYBRIDカーでレースに参戦した先駆けの女性なんですよね。お綺麗な女性で、私は裏方のくせに緊
張しちゃいました。。。

まずは、来月号のCARBOY誌に掲載される予定ですので、見てみてくださいね。

 

 

製品のお問い合わせは、こちらまで。

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2670)

FEDERAL 595 RSR

カテゴリ : 
ニュース
執筆 : 
proud 2010-1-8 0:59

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

早速、筑波2000にて初走りしてきました。
正月休み明けの平日と言うことで、筑波のライセンス走行はガラガラでした。

今日の走行の目的は、今年から取り扱うことになりましたFEDERALタイヤの性能確認です。
まぁ、素人なのでプロみたいな走りはできませんし、ましてや的確なインプレッションなんて到底できません。でも、最低限どんなタイヤなのか自分で走って知っておかないとショップさんにお勧めできませんから頑張って走ってきました。

装着しているタイヤは、595 RSRというFEDERALのラインナップの中で一番ハイグリップなグレードです。このタイヤがどれだけのキャパを持っているのか試してみました。
FEDERALと言うとドリフトタイヤというイメージが強いですが、サーキットのグリップ走行でも全然OKでした。まず、このタイヤの凄いところは発熱の早いことです。5周軽く流して空気圧を測ったところ40kPaも上がってました。なんとこのタイヤは2周目からタイムアタック出来るタイヤです。
私の愛車であるBMW318isはSタイヤに合わせてセッティングしているんですが、今回ショックアブソーバーの減衰をやや軟らかめにしただけで他はそのままで走りました。タイム的にはSタイヤのベストタイムの1秒落ちです。(Sタイヤの性能を出し切れてないからかもしれませんが・・・)
これでどんなタイヤなのか分かってもらえるでしょう。
空気圧は、1本目走行では温感で240kPa、2本目は温感で220kPaで走ったのですが、私の車のセッティングでは高目の方が良かったです。
いやはや、この595RSRは、凄くグリップしますし限界も結構わかりやすいです。ライフも結構良さそうですし、何より安いんです。こんなコストパフォーマンスに優れたタイヤはそうそう無いでしょう。
なので練習用タイヤにはホントお勧めです。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4175)

BMW Familie! 2009

カテゴリ : 
ニュース
執筆 : 
proud 2009-10-12 21:41

10/25(日)に開催されるBMW Familie! 2009に、プラウドインターナショナルも出展することになりました。ブースは千葉県市川市行徳にあるBitteさんと共同出展となります。

プラウド インターナショナルとしては、初めての出展となるわけですが、コンセプトを「創造力」としてコンセプトカーを飾ります。
Bitteさんと弊社でリリースするTREINTA_Y_DOS automotiveの「T_Y_D」ブランドが醸し出す今まで見たこと無い創造力ををご覧ください。
この何もかもがありふれた世界で、あなたのオリジナルを創造します。
是非、遊びにきてください。

 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2073)
取扱ブランド
Banner

アクセス解析
最新のエントリ
カテゴリ一覧

Powered by PROUD international © 2009-