INFORMATION
RIGID COLLAR
COOLING PARTS
ACCESSORY
商品情報はコチラ

BLOG
















 

管理用
ユーザー名:

パスワード:


PROUD Blog - 最新エントリー

12th BMW MINI・スペシャルディ

カテゴリ : 
イベント
執筆 : 
proud 2011-11-14 22:48

昨日と一昨日の2日間、スーパーオートバックスかわさきさんにて開催された「12th BMW MINI・スペシャルディ」にブースを出展してました。
お越しいただいたお客さまには感謝の気持ちでいっぱいです。


プラウド インターナショナルブースにデモカーを2台展示させてもらいました。
R56AG Ordinaryさんのお客様のMINI
R53treNdyさんのデモカーです。
どちらも、走りをメインとしたカスタマイズがされていて、バリッと決まってます。


商品はこちらを展示販売しました。
まずは、ご存知リジカラ。今回もウチの目玉商品です。大勢の方が装着されました。


続いて、buzzhouse design.UFOキーホルダー、ハッチゲートハンドル。
限定で10個だけ赤ステッチのキーホルダーを出展販売しました。キャメルも人気でしたよ。


そして、昨日新発売のアームレストカバー。スエード調で高級感たっぷりです。これから流行りそうな予感です。

 


こちらは、今R53乗りに話題のtreNdy リリーフバルブスプリング。説明し易いようにリリーフバルブとノーマルスプリングも展示しました。

 

 


こちらは、Aragosta type-E 車高調サスペンション。
性能は言わなくても知られてますよね。


こちらは、TOMSのレーシングマシン指定のクーラント、SYMBIOTECH PG55とHYBRIDクーラント。


いよいよSABかわさきさんにても取り扱い開始です。
そして、恒例のジャンケン大会。
MINI乗り向けの商品が惜しみも無く賞品として提供されています。


なんと、あのレッドブルMINIも登場!
いつ見てもインパクトありますよね。

 


たくさんのMINI乗りが来店し、大いに盛り上がった2日間でした。
年の6月にお会いしましょう。

 

 


 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4005)

Y51フーガ用Aragostaサスペンション着手

カテゴリ : 
パーツ
執筆 : 
proud 2011-10-11 23:29

プラウド インターナショナルは、おかげさまを持ちまして3年目を迎えることができました。
これもお客様のご支援あってのことと、心よりお礼申し上げます。


Y51フーガにしなやかな足を。

さて、今日は千葉県松戸市にあるNAGAI ENGINEERINGさんのお客様が購入されたY51フーガのサスペンションキットを造るため、メーカーへ車を預けに行きました。
このフーガですが、新車購入されて納車後即IMPULへ。フルエアロでカッコ良くドレスアップされて戻ってきて、今度はサスペンションの現調です。



Y51フーガは、BMW5シリーズをターゲットとして開発されたと聞いています。ハンドリングの良いBMWに対抗するには、サスペンションはこだわらないとなりません。
ということで、NAGAI ENGINEERING の永井代表はAragostaをチョイスしました。

究極にスムーズなサスペンション。
Aragostaは、ご存知の方も多いと思いますが、有限会社トップラインプロダクトがリリースする国内でも指折りの高性能サスペンションです。
Y51フーガのラインナップがまだされていないので、今回型取りにトップラインプロダクト社に預けることとなりました。
工場の中を見学させてもらうと、職人の手作業により組み上げられた全長式のType-Sが箱詰め待ちとなっていました。良く見るとGReddyのロゴが。。。TRUSTさんもAragostaベースのオリジナルサスペンションをリリースしています。



ダンパーの潜在能力をフルに発揮させるため、トップラインプロダクト社が開発したオリジナルスプリング「rana」がサイズ毎にズラリと並んでいました。




だから、Aragostaをお奨めします。

私が、Aragostaをお奨めする理由としては、まずはメディアで謳われているとおり高性能で高品質であること。それは値段もそれなりですから当たり前のことですよね。
それに加えてオーバーホールや仕様変更が安価で細かく設定出来ることです。
そして、国産メーカーであることから対応が早く、そして手厚いサポートをしてもらえます。
これらは、ユーザーにとっては、安心して長く製品と付き合うことが出来ますから有り難いですよね。
現に、私の営業車に装着しているAragostaショックは、O/Hしながらですが、今年で7年経過、走行距離に至っては15万キロを突破してます。
こうなると、Aragostaは一生モノですよね。
ですので、車を換えるまで使えるAragostaをお奨めします。


Aragostaの取り扱い店を募集しております。
詳しくは、
こちらまでお問い合わせください。

 



  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6288)

GARAGE PitHouse

カテゴリ : 
ニュース
執筆 : 
proud 2011-10-9 9:54

MINI専門店です。
先日、静岡県焼津市にあるGARAGE PitHouseさんへお邪魔してきました。
PitHouseさんは、クラシックMINIBMW MINIを専門とした中古車販売店です。



専門店ですから、メンテナンスもチューニングもバッチリ任せられまし、代表の永井氏は自らクラシックMINI並びにBMW MINIともに駆って草レースに参戦しているというMINI使いな御方です。ですので、クラシックもBMWもどちらもノウハウはかなりのものです。



今月にお店をリニューアルしました。
ピットを広げて2台をリフトアップできるようになりました。



足にもこだわっています。

店内も一部改装してレイアウトをガラっと変えました。
BMW MINI向けにAragostaベースのオリジナルサスペンションキットをリリースしていて、これがまた乗り心地が良くて、ハードに攻めてもイケる足で大好評です。



静岡近辺でMINIにお乗りの方、MINIを探している方は、是非、遊びに行かれてみてはいかがでしょう。


GARAGE PitHouse
静岡県焼津市三和1198-1
TEL054-623-3298


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2191)

BMW MINI MEETING

カテゴリ : 
イベント
執筆 : 
proud 2011-9-23 16:10

この度の台風15号に被災された皆さまへは謹んでお見舞い申し上げます。

元気なBMW MINIが集合!

今週末の日曜日は、
BMW MINI MEETINGが袖ヶ浦フォレストレースウエイにて開催されます。
BMW MINI MEETING
は、BMW MINIオンリーのサーキットイベントです。ノーライセンスのレースであるBMW MINI CUPとタイムアタックのBMW MINI TRIAL2カテゴリーにて、BMW MINIがサーキットを駆け抜けます。


BMW MINICUP

BMW MINICUPにおいては、国内唯一のMINIによるワンメイクレースです。
3クラスに分かれており、ONEとCOOPERが対象のNAクラス、COOPER-Sが対象のS1とS2クラス。S1とS2クラスは改造度によって分かれます。

BMW MINI TRIAL
BMW MINI TRIALは、20分のフリー走行の後、20分間のタイムアタックによって順位を競います。

そして、エントラントを応援に集まったBMW MINI乗りによるオフ会も開かれます。

エントラントも応援者もみなさん和気あいあいとしたムードで、終始和やかなイベントなのですが、レースとなるとドライバー達は真剣です。
クリーンでホットなバトルを展開します。

併催として、JAF戦、Z-Challenge!、そして、VW GTIレースが開催されます。
是非、日曜は
袖ヶ浦フォレストレースウエイへ熱いレースを観に行きましょう。
観戦については、
こちらをご覧ください。

 

 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2151)

TOM'Sに認められたクーラント

カテゴリ : 
パーツ
執筆 : 
proud 2011-9-18 11:43

TOM'Sが選び抜いたクーラント。
株式会社ケミテックの商品SYMBIOTECH PG55が、なんとTEAM PETRONAS TOM’Sレーシングチームの指定レーシングクーラントとなりました。
TEAM PETRONAS TOM'Sといえば、TOYOTAのワークスチームですから日本のトップチームに認められた性能ということです





世界最高峰のエンジンを冷やす!
SYMBIOTECH PG55は、D1GPでも使用率の高いクーラントですが、とうとう世界最高峰のSuperGTマシンのエンジンも冷やすクーラントになりました。 先日、FSWで開催されたSuperGTで、PETRONAS TOM'S SC430に使用され、SuperGTデビューとなりました。
残念ながらタイヤのバーストによるアクシデントでデビューウインとはなりませんでしたが、今後のレースに期待です。

今後、フォーミュラニッポン、そしてF3に参戦しているTOM’Sのマシンにも使用されます。フォーミュラニッポンもSuperGTと同じドライバーラインナップで、36号車にアンドレ・ロッテラー選手、37号車は元F1ドライバーの中島一貴選手がドライブ。


なぜ、PG55が選ばれたのか?
それは、高性能だからです。
ケミテック社は職人気質な会社ですから、宣伝広告をほとんどしていません。それなのに、TOM'Sのようなチームに採用されるということは、それだけ商品に実力があるということです。

クーラントの性能って?
純正採用のLLCや安価なスポーツクーラントの成分はエチレングリコール(EG)ですが、SYMBIOTECH PG55はヒートレスポンス(熱交換効率)に優れたプロピレングリコール(PG)が主成分のスポーツクーラントです。従来のエチレングリコールよりも優れた放熱性能でラジエーターの性能をフルに発揮させ、油温の上昇をも抑制します。また、エチレングリコールと比べ、吸熱性能も大幅に向上しているので、暖気運転が大幅に短縮できます。
ケミテック社開発の特殊LIHを配合し、SuperGTのような厳しい条件下でも下記の通りエンジンを保護します。また、スポーツクーラントでありながらメーカー純正レベルのロングライフ性能(推奨交換サイクル:2年)も発揮します。

- 冷却性能の向上でオーバーヒート防止
- 防錆力強化でロングライフ性能UP
- ヒートレスポンスに優れ、環境にもやさしいPGを採用
- チューニングエンジン/ハイパワーエンジン対応
- 逆浸透膜&イオン交換樹脂で精製した純水を使用
- 凍結温度−40℃でオールシーズン対応

しかも、プロピレングリコールは 食品添加物や化粧品、洗顔用品にも含まれている環境にも優しい物質で、人体に有害とされる物質を管理するPRTR法の対象外物質ですので、環境の面においても安心して使用できます。
エチレングリコールと同様の2年間のロングライフで冷却機能は断然上のレーシングクーラントは、サーキット走行を楽しむユーザーだけでなく一般ユーザーにも安心して勧められる商品です。


SYMBIOTECH PG55の取扱店を募集しております。

詳しいお問い合わせは、
こちらまでお願いします。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1988)

V36スカイラインセダンが得意です

カテゴリ : 
ニュース
執筆 : 
proud 2011-9-16 11:27

V36スカイラインがメインです。
今日は、東京都世田谷区にあるアクセスエボリューション用賀店さんに伺ってきました。
アクセスエボリューションさんは、V36スカイラインをメインとした日産車をドレスアップからカスタマイズまでカッコ良くすることなら何でもござれという感じのショップです。ですので、あなただけのオンリーワンな愛車に仕上げてくれます。
お 付き合い当初、V36スカイラインのセダンをイジるお客様は少ないのではないかと思っていたのですが、そんな予想は一瞬で覆され、ピットには毎日のように V36スカイラインセダンが入庫しています。V36スカイラインセダンって車高を少し落として大きめのホイールを履くだけで相当カッコ良くなるんですよ ね。

お店の中は見やすいようにパーツがジャンル別に並べられてます。
20インチオーバーのホイールがいくつも飾られていて圧倒されます。


Z34も負けずにカスタマイズ。
こちらは、デモカーのZ34。ブルーのボディに大きく貼られたアクセスエボリューションのロゴ、そしてイエローのフィルムが貼られたヘッドライトレンズ。滅茶苦茶カッコイイですね。購入後すぐに7月に開催されたアイドラーズ12H耐久レースに参戦し、完走するどころか好成績を修めました。走り系のチューニングもバッチリやります。
来年はZのワンメイクレースのZ-Challenge!にも参戦予定とか。



V36スカイライン並びにFairlady Zをカッコ良くしたいオーナーの方は、是非アクセスエボリューション用賀店を覗いてみてください。センスの良いカスタマイズにきっとハマります。


アクセスエボリューション用賀店
東京都世田谷区用賀1-7-14
TEL.03-3708-7071


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4345)

BMWCUP2011 Round.4

カテゴリ : 
イベント
執筆 : 
proud 2011-9-13 18:44

>THIS IS THE RACE.
>THIS IS BMW CUP.

今日は筑波サーキットにてBMWCUP2010 Round.4が開催されました。
BMWCUPは、BMWオンリーのクラブマンレースです。そう、ライセンスの要らない草レースなんですね。
透き通る秋空の下、約40台のBMWが集まり、クリーンで熱いバトルを展開します。
BMWCUPは、排気量と改造度で6クラスに分かれて、タイムの近い3クラスづつ2枠に分かれて走行します。

 

ドライバーズブリーフィングでは、小倉クラッチ株式会社のエンジニアがクラッチについての講習を催してました。
協賛メーカーからの手厚いサポートを受けているのもBMWCUPの特色の一つ。


手に汗握る白熱バトル。

フリー走行、予選、そして、決勝と1dayの草レースなのですが、エントラント達は真剣そのもの。
一時雨が降り出し、ウエットのレースも覚悟されましたが、選手達の熱い想いが雨雲を吹き飛ばしたようです。


テールトウノーズの白熱したバトルを制した選手達は、ポディウムでシャンパンファイトを繰り広げました。
シャンパンの泡が夕日に映え、戦い終えた選手達を優しく包み込む光のシャワーのように見えました。

 

 

次回は、11月23日にまた筑波サーキットにて最終戦が開催されます。もちろん入場無料です。
BMWに乗っている方、参加できるクラブマンレースを探している方、是非、筑波へ観戦に行ってみましょう。

 

 



 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1753)

ノウハウが活かされる

カテゴリ : 
ニュース
執筆 : 
proud 2011-9-8 14:57

この度の台風に被災された皆さまへは謹んでお見舞い申し上げます。


クーラントはPG55。
埼玉県川口市にあるK-FORCE Motorsportさんにて、愛車のE46のクーラントを交換してもらいました。
もちろん、クーラントは
SYMBIOTECH PG55
このクーラントは、D1マシンだけではなく、某有名レーシングチームの指定クーラントにもなりました。それだけの性能と実績を持つクーラントです。



ル・マン24Hでレースメカとして活躍

さて、交換作業を施してくれたK-FORCE Motorsport代表の渡会氏は、その昔、グループCカーをはじめとした有名レースのレースカーメンテナンスガレージでレースメカニックとしての技術を学び、何度もル・マン24Hレースの経験も積んだ御方です。その後、BMWのディーラーメカニックを経て、現在は、BMWやメルセデスをメインとした整備工場を営んでいますが、その傍ら耐久草レースの「K-4 GP」にKP61スターレットを2台体制で参戦もしています。
こちらは、2号車の赤スターレット。


プロの技。

こちらは、1号車の白スターレットの内装。
細かい造りがされており、シンプルでかつドライバーが扱いやすくなっています。
色々な箇所にレーシングカー製作で培ったノウハウが活かされています。


こちらは、ロールバーの取り付け部分。綺麗に塗装されていてわかりづらいかもしれませんが、ボックスが溶接され、その上にロールバーがボルトオンされているのです。

こんなレーシーなコクピットに納まったドライバーは、さぞかしモチベーションが上がる事でしょう。

このような車両を製作できるスキルを持った渡会氏ですから、レースカーメンテナンスはもちろん、一般整備も丁寧で正確な仕事をしてくれます。





  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1785)

品質を追求するショップ

カテゴリ : 
ニュース
執筆 : 
proud 2011-9-3 17:58

妥協点を高く持つ。
先日、横浜にあるreal directionさんへお邪魔してきました。
real directionさんは、BMW MINIとロータス エリーゼ/エクシージをメインにチューニングするショップです。
ワンオフ物のチューニングパーツの開発や作製は得意中の得意な頼れるショップです。



BMWCUP BMW MINIクラスの初代チャンピオン並びに2代目チャンピオンのマシン達は、こちらreal directionさんの手掛けたものです。
代表の奈良岡氏は、クラブマンレーサーが、レースを楽しめて、そして長く安心して乗れるようなチューニングをしてくれます。その場凌ぎのチューニングではなく、妥協点を高く持ち、ハイクオリティをとことん追求する機械に純粋なチューナーなんです。

チューニングメニューは?
ショップの中にはチューニング中のR562台。
どちらも9/25に袖ヶ浦FRWにて開催されるMINIオンリーの草レース「
BMW MINI CUP Round.2」に参戦するマシンです。



奥側のR56のボンネットを開けて、エンジンに掛けられていたカバーを上げてみると、なんとヘッドが無い。どんなチューニングが施されるのか楽しみです。
驚くほど速く、そして乗りやすいMINIに仕上がる事でしょう。



ノーマルでは物足りない、更なる速さを求めたいというオーナーにはとても頼もしく、そして信頼のおけるショップです。


real direction
神奈川県横浜市都筑区北山田2-4-9 パルシャルム 1F
TEL.045-592-9880



  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1978)

握ればわかる、NARDIの質感

カテゴリ : 
パーツ
執筆 : 
proud 2011-8-28 22:15

握ればわかる、その質感。
NARDI CLASSIC。現在は、バリエーションも増え、レザーのタイプ、ホイール径、そしてオフセットまでも選べるようになりました。


長い歴史で熟成。

NARDI社は歴史も古く、元々チューナーだったNardiNARDI社を立ち上げ、ステアリングを商品としてリリースし始めたのは1950年代初期となります。長い歴史を持ち、何千人ものドライバーを勝利に導いたステアリング、そして今なお継承されるデザイン。


私もNARDI派。

私の好きなステアリングもNARDI CLASSIC
初めて換えたステアリングもNARDI CLASSIC。愛車も換わり、ステアリングも色々と換えてきたけれども、結局NARDI CLASSICに戻ってきました。しかも、進化したCLASSIC。握りやすいグリップ、やる気にさせるパンチングレザーに赤ステッチ、なんと言っても美しいイタリアンなデザイン。


CLASSIC
はグリップが細いので、素手の時は少し握りづらいかもしれませんが、サーキットでグローブを嵌めるとちょうどいいんですよね。
造りが良いので耐久性もあって、私のNARDIは4年以上使用しており、年間6万キロ、その上頻繁にサーキットを走るのでだいぶ酷使されていますが、それでもほつれ一つありません。

NARDIは、イタリアを、いや世界を代表するステアリングメーカーですので、一度は使ってみたいステアリングホイールです。

NARDIを握ってコーナーを攻めれば、気分はミッレ・ミリアでイタリアを駆けるレースドライバー。


NARDI商品の販売店を募集しております。
詳しくは、こちら
までお問い合わせください。




  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2242)
取扱ブランド
Banner

アクセス解析
最新のエントリ
カテゴリ一覧

Powered by PROUD international © 2009-